ソーシャルボタン

このブログについて

本ブログは、新機動戦記ガンダムWの新作シリーズとして最近ガンダムエースで展開中の『Frozen Teardrop』、および『Endless Waltz 敗者たちの栄光』の考察・感想・情報収集のために運営しております。基本的に、どこよりも早いニュースや、あらすじの掲載はありません。にも関わらず、発売日以降は既知としてネタバレ全開で扱いますので、悪しからずご了承くださいませ。


エントリは、誤解を招く内容を発見した時や、状況が変化した場合に加筆修正する場合があります。

2010年12月31日

つぶやきまとめ:MCファイル1の感想

Twitterのつぶやきから、とりとめなく。

2010/12/25~12/30のTweetより

  • ガンダムエース編集部は早急にWアーカイブスの絵柄で壁紙と待ち受けを作るべきだと思います。
  • MC暦は火星圏でしか通用しそうにないので、地球圏ではACが続いていると想像します。 #GWFT
  • 単純に、AC197=MC0001ではないのではないでしょうか。MCが時間を遡って元年を制定(西暦もそうだけど)しているので、MC0001=AC197より以前と想像します。 #GWFT
  • DVDから最終話のリリーナの台詞拾いました。「ええ、地球圏代表に、このテラ・フォーミングプロジェクトを一刻も早く見てもらいたいのです」そのプロジェクト自体、すでに緑化後の次の一手を指してる? #GWFT
  • @*** 極冠の白、海の青(しばらくは濁水かもしれません)、鉄鉱石の赤、藻が葉緑素持っているとは思えないのと、地表が黒いと太陽の熱エネルギーを地表温度に変換しやすいので茶色~黒と想像しています。ファーム化が進んでいれば緑も出てきているかもしれません。 #GWFT
  • しかしこんなにサラリと地球外生命体が出てくるとは思わなかったです。エウロパの藻。 #GWFT
  • MO-VIIの火星落下とか、もはや事故としてはありえないレベルじゃないのか(←DXのレネゲイド飛散みたいな)陰謀を感じるわ……。火星が企業抗争の星とか、自分の妄想とかぶっててすごくうれしい。もっとドロドロしていただきたい。 #GWFT
  • @*** 「火星の環境保全を考えて慎重に云々」とか抜かしている地球圏をしり目に、火星資源をあてこんでる勢力が「事故のふりしてやっちゃえ!」……とか。 #GWFT

連鎖の鎮魂曲(下)にて、ファザーがノイエンハイムの作為を疑っていました。

  • @*** サイバーパンク好きとしては、企業間抗争はたまらないネタなので、本編に絡んでくるとすごく私得です。にやにや笑いが止まりません! #GWFT
  • しかし、火星が普通に外に出られるくらいに環境改変が進んでいたとはなあ……。いきなり地球外生命体とか何というウラ技。 #GWFT
  • キャスリン姉さんが恐ろしすぎる。もはや姐さんとお呼び奉りたい。 #GWFT
  • @*** 好意的に解釈すると、サーカス団でいろいろやってたんじゃないかと思います。パイロット雇う余裕がなくて、自分たちで貨物シャトル飛ばしたりしてたのかもしれません。 #GWFT
  • @*** 別の小説(マクロスF)でも、芸能者の師匠の殴り方が芸術的で……というくだりを見たので、そういうものなんでしょうね。 #GWFT
  • 中盤の特訓展開がDBだDBだと言われていますが、実際隅沢さんはDBの脚本されてましたよね。 #GWFT
  • しかし、これまでに出てきた3人の後継者のうち、トロワ・フォボスだけは「血筋に生まれる」のでなくて、「トロワになる」だったので、「前髪が伸びていた」という描写の前は、普通の前髪で挿絵を描くのが正解じゃないかと思うのだけど……。 #GWFT
  • トロワ・フォボスは存外に(失礼)いいキャラだった。多少ユーモアの感覚を持ち合わせた、どっちかというとヒイロに近い感じか。 #GWFT
  • しかし、いくら高地訓練したって酸素を取り込む能力が上がるだけで、単位時間あたりの酸素消費は半減しないんじゃないでしょうか……今回ツッコミどころがあるとすればそこがなあ。 #GWFT
  • プロメテウス(火を人類に伝えた神)→ヘビーアームズ型、シェヘラザード(アラビアンナイト)→サンドロック型、ワーロック(魔法使い:生死の垣根に立つ者)→デスサイズ型 までは納得いくものの、スノーホワイトだけは未だにコードネームの由来が「?」である。 #GWFT
  • スノーホワイトに7人の小人がいたらどうしよう。 #GWFT
  • @*** 7枚羽のビットとか……!(中2な想像力)

追記:悲嘆の夜想曲(下)にて、7人の小人、もとい、7つの矮星(どちらもドイツ語でジーベン・ツヴァーク)が出ました。

2010年12月1日

つぶやきまとめ:トレーズ・ファイルの感想(2)

Twitterのつぶやきから、とりとめなく。

2010/11/26~11/30のTweetより

  • @*** 新キャラを出し続けて話を広げた挙句の宇宙世紀が収拾つかなくなってるので、わざと世界を狭くコントロールしているのではないかという印象を受けます。はっきりした証言はないですが。 #GWFT
  • ところで個人的に一番熱かったのはセイスの獅子奮迅っぷりなんですが、今のところ同意者が一人しかいない。 #GWFT
  • セイスさんの株価なら臨界突破しております。Wの見所の一つが、往生際の素晴らしいおじさんたちだということを久しぶりに思い出しましたよ! #GWFT
  • @*** 自分を守って母が死んでいくということが受け入れられずに、無意識に拒絶したんだと思います。<オモチャばかり気にしていた幼ヒイロ
  • でも、何もかも失った=失われる玩具に象徴させることで、無意識下にちゃんと理解している描写かなと。 #GWFT
  • 左手の握手についてちょこっと調べた。ボーイスカウトの由来はいいね。右手握手→攻撃の放棄、左手握手→防御の放棄(つまり相手が攻撃しないのが前提)そして、同じ種族であることを表す証、と。 #GWFT
  • 先に左手で握手を求めたのはヴァンのほうでしたっけ?>今Aが手元にある方 #GWFT
  • つまり、わざわざ書き添えているということは、通常の意味であるところの「俺とお前は相容れない」「別れの挨拶」に加えて、それだけの意味が追加されていると理解してよいのではないかと思います。 #GWFT
  • 「僕は防御をしない(なぜなら君は攻撃できないから)」、そして「僕と君は同族だ(あるいは、台詞から汲んで同族になる)」か。が、イメージで受け取っても問題ないと思う。 #GWFT
  • ヒイロに触発されて周囲が変わっていく、という構造においては、TVの頃から軸はブレてないと思います。視点が違うだけで。 RT: @***: ちびひいろのいろんな人とのエンカウント率の高さハンパない… #GWFT
  • 「老けるってのは凡人の発想だねェ……」(マクシミリアン・ジーナス)
  • マクロス7で40代になっても体型まったく崩れず颯爽と登場したジーナス夫妻を思い出したりしつつ、もう40代ほぼ確定でいいのでないかしら。 #GWFT

追記:連鎖の鎮魂曲(下)で、40代初頭確定となりました。

  • @*** 当時「そうか天才じゃあしょうがないな」と流した自分は、今回も同様のメソッドをW教授に適用すべきでしょうか(笑) #GWFT
  • ヒイロは自分は誰にも愛されてこなかったと思っているけど、彼のいないところで親たちが親らしく振舞っていた(局面もあった)のが、なんともすれ違いで哀しい。いやすごく客観的には熱いんだけど。 #GWFT
  • 誰と誰がくっついたかは最後まで明かされない予感がする、なんとなく。重要なのは誰が誰の意志を引き継いだかであって、あざといけど、場が荒れて話の本質が見えなくなってしまうことに比べたら適切な解のような気がします。 #GWFT
  • とりあえず今回のFTで、ヴァンを通じてロームフェラひいてはOZにウイングゼロの設計図が渡っていたことが分かったので、エピオンもゼロの子孫ということが明確になるのかな。 #GWFT #GWGD

2010年11月20日

GFFウイングガンダム アーリータイプ(クリスタルクリアバージョン)

2009年に出た限定バージョン。なぜに通常版から7年も経ってから……。

クリア成形ものって、まるで鉱石の結晶のようでたいへん美しいのですが、写真で見どころをお伝えするのがとても難しいアイテムだと思います。

GFFウイングガンダム アーリータイプ(通常版)

クリスタルクリアバージョンを入手したので、以前から所持していた通常版も撮影してみました。

記憶が適当になっていますが、確か2002年くらいの発売だったかと思います。MG、ROBOT魂と立体が出た今でも、一番好きなバランスとカラーリングです。

2010年10月6日

つぶやきまとめ:トレーズ・ファイルの感想(1)

Twitterのつぶやきから、とりとめなく。

2010/09/26~09/27のTweetより

  • キャシィはWのことを忘れてたり、あんまり知らなかったりする人向けの、分かりやすいW世界の案内人キャラですよね。 #GWFT
  • ぶっちゃけ、彼女がいなくてもFTは成り立つんだけど、彼女でワンクッション入れることで、デュオ&五飛と読者の間がベッタリでなくなって、やや客観的になるような気がする(いないとあからさまに内輪向け進行になる) #GWFT
  • なので、キャシィ自身にはあんまり濃い性格付けはなさそう。あるとすれば物語がある程度進行してからかしら。 #GWFT
  • しかし、回想ばかりでちょっとだれてきたのも事実。次回は現代パートを進めてほしいなあ。 #GWFT
  • FTで残念なのは、15歳のテロリストにOZ側が衝撃を受ける、ということ自体の意味が変わっちゃったような気がするところかなあ。 #GWFT
  • シンプルに子どもVS大人(というには無理がある人が何人かいるけど)だったのが、子どもVSかつて子どもながらに軍人として世界を救おうとして果たせず、であるがゆえに新たな子ども兵士を生み出してしまった大人たち、みたいな構図に変化しつつある。 #GWFT
  • @*** ゼクスやノイン自身が、「少年が」「子どもが云々」言ってしまってるので…… #GWFT
  • まあ、いつだって少年兵が出てくる世の中はおかしいんじゃないかというわけで、驚かれても無理はないのですが(笑)それをゼクスたちが口にする意味は変質したよねというだけのことです。 #GWFT
  • @*** ゼロシステムの見せる未来は現在から演繹しうる範囲の未来でしかないように、ゼロシステムによって計算した過去は記録(=現在)に帰納しうる範囲の過去の可能性でしかないように思います。 #GWFT
  • 【コント】「ちなみに老子張もそうだったんだぜ」「まさか……老師もデュオ・マックスウェルなのですか?」「お前本当は頭悪いんじゃないのか」 #GWFT
  • 炎のアンの話は是非見たいですね。十中八九ミディーの姉でしょうが、家を飛び出したレディのおかげでミディー以下家族が苦労していたら……。 #GWFT
  • 友人との深夜に至る話し込みにより、物語のテーマがEWまでと変わっていること、および贖罪の輪舞というタイトルの意味がだいたい分かったのは良かったのだけど、結局その後全部をドロシー可愛いとデュオJr可愛いが持って行ったのであった。 #GWFT
  • FTの過去内容がどうにも受け入れがたいという方には、「ZEROに推測させた、過去の世界の可能性のひとつ」の話だと思っておけば少し受け入れやすいかもしれない。とか寝言を言ってみます。 #GWFT

2010/10/05のTweetより

  • 何度も言ったような気がするけれども、FTはW本編とどうやらテーマが違うらしいということに気づいておかないといろいろキツイかもしれない。 #aftercolony #GWFT
  • 例えば、五飛とノインの初邂逅の「子供!?」「女か、だから甘い!」のやり取りも、2話を読んだあとだと同じ出来事なのに意味が変質して見える。興味深い。 #GWFT

追記:言うまでもありませんが、Episode Zeroまたは敗者たちの栄光の妹蘭のエピソードもしかりでありましょう。

また、フレンドさんから、「今までは舞台装置としてのAC195~6年〔と、一部の他の年代〕しかなかったので、イブ・ウォーズを客観視できなかった」「歴史からみたヒイロの是非も問われる」「新しい時代から過去を振り返ることで、その思想、行動の是非を問うのは、歴史物として王道」などと、とてつもなく重要な示唆を受けました。

  • @*** たいへん簡潔に言い表していただいた。その通りだと思います。おそらく狙いもそのへんではないかと。 #GWFT
  • トレーズ様も、なんでガンダムパイロットたちにあんなに執心していたのか、先日やっと理由らしきものが分かったんだ。分かりづらいよあのお方……。 #GWFT
  • わくわくてかてか。 RT: @***: ジオニズムやシャアの行動の是非が語られるように、トレーズの思想が論議されることはあまりない。アフターコロニーが歴史になるには、今までそれが足らなかったわけです。 #GWFT #aftercolony
  • 現在、閣下の半生を追体験しているわけですが、今のところマジで「君と語り合えたこの時が人生最良」になってて、なんというかあのこのその。 #GWFT #aftercolony
  • @*** 歴史的には過去の人なのに、本人は当時からタイムトラベルしてきているシュールな状況ですね(笑)<歴史から見たヒイロの価値 #GWFT #aftercolony
  • @*** 過去未来とAC世界に時間軸が現れて、ようやく195年を中心にAC史を俯瞰できるようになったという話を、プロローグ掲載時に@***さんと話してました。

2010年9月15日

つぶやきまとめ:AC195本編~EWの裏設定を古雑誌から発掘

Twitterのつぶやきから、とりとめなく。

2010/09/14~09/15のTweetより

  • 95年当時のアニメージュ到着なう。いきなり当たりを引き当てた
  • エピソード・ゼロが発表されたのは96年以降だと思いますが、その原型が放映中期にすでに文字情報で仄めかされていたというのが、私の記憶です。長年その裏付けを取りたかったのだけど、どこで古雑誌を手に入れられるか分からなくてペンディングしてました。
  • というわけで、アニメージュの95年9月号のGW特集から、まずヒイロのを。"そぼ降る雨の日、焼け落ちたコロニーの街並み。ヒイロは、死んでしまった子犬を抱き、墓を探し、さまよっていた。そんな時、ドクターJに出会い、こう言われた。「おまえ、ガンダムに乗らないか?」……と。"
  • ちなみにこの調子で5人分ありまして、特集冒頭には、"隅沢克之さんが想像した5人のコロニー時代のエピソードを足がかりに~"とあります。よって、EZの原型はこの頃にはちゃんと存在していたと推測されます。同時に、この頃にはもうTVの流れには組み込めなくなっていたのかもしれません。
  • しかし、5人分全員あるかというとそうでもなくて、3と5は投げっぱなしというか2行しかないというか、こんなのハンドアウトに書いてあったら私だったら怒るぞ……(笑)
  • あと、OZのMS星座シリーズの名づけ親は隅沢さん。
  • 特に意味はなかったらしいので、ロールアウトの月にあわせて命名というのは、これは後付ですね。
  • 今は96年1月号の隅沢さんインタビュー見てる。面白い。というか、放映中なのにも関わらず、インタビューの筆頭が彼だ(つまりもう池田さんは降りてる)ということに、私は全然気づいてなかったんだな……。
  • ちなみに、今我々の間で盛り上がっているトレーズの血統に関する噂についても取り上げられている。「トレーズはヒイロ・ユイの息子ではないか」というのがそれ。……いや、時代違いすぎるでしょう(笑)当時のパソ通で流れていた噂らしいですが。
  • なので、FTのネタはこの噂が原型になってるのね。EWのバートン家についてのお話が、デマを逆手にとって作られたように。 #GWFT
  • 96年3月になると、隅沢さんが出てこなくて富岡さんがインタビューに答えてる。隅沢さんすらおそらくいっぱいいっぱいだったと推測されます(笑)
  • 最初に戻って、デュオのはこう。"生まれた時から天涯孤独で、様々な場所を転々とした。生きる為なら、盗みも平気でした。ある時、スイーパーグループのシャトルに盗みに入り、逆に捕まってしまった。だが、そこにはプロフェッサーGがいた。"
  • 世の中には極道を抜けて神父になった人や、子供の頃は母とパンを盗んで日々をしのいでいた(現在は多国語ペラペラ)牧師も実在するというのに、富岡さんは宗教の懐深さをご存じないのう。
  • うーむ、レイアさんの死因が穏やかならぬものだというのは知らなかった。ぬう……。
  • 実の娘を手にかける理由が思いつかない……。
  • 病気で鼻が云々は、お子様には分からない高度なギャグだと思うの……(詳しくは調べてください)

追記:フレンドさん所有の設定資料によると、ドクトルSの素顔の設定も存在するようです。病気か負傷かは不明。

  • あ、雑誌から追加設定らしきものを。月面にあるのは研究施設、巨大工場、観光地、(時期によってはOZの基地)だそうです。
  • うむ、同人屋さんたちの対談ではOZの魔法使いと符合する話で盛り上がっているけど、のちの号に出てくる隅沢さんのコメントでは「そう受け取れるところもあるけど、符合に惑わされるな」って言ってる。胸に刺さるなー。
  • ネタの借用元を見て、話自体を理解した気になるのは良くないよね。分かっているけど、お手軽だし、暗号が解けた気がしていい気になれてしまうし。肝に銘じておこう。
  • @*** 記号いじりに過ぎないことを深読みとは言えないよ、ということだと解釈しました。
  • バックナンバー、手に入れて良かったです。当時のフィーバーぶりも興味深いけれど、いい話がたくさん読めました。満足。

2010年8月31日

つぶやきまとめ:TVシリーズでデュオが死ななかった理由

Twitterのつぶやきから、とりとめなく。

2010/08/24のTweetより

  • 放映当時、デュオが死ぬらしいというデマが飛び交いまくったのですよ。中にはそれを既定事項と思い込んでいた人もいました。
  • ところで当時から疑問だったのだけど、デュオを殺すことで物語にどんな意味が与えられうるのかよく分からないんだ。「やっちゃったなあいつは」と仲間に衝撃を与えるイベントはヒイロの自爆時にやってしまったわけで。
  • @*** @*** @*** やっと複数リプライできます。今となってはいい思い出扱いではあります。<デュオ死亡説
  • @*** 傷は超残りますね! 間違いない!
  • (ものすごく亀ですが、デュオを死なせることの物語上の意味みたいな流れのリプライ)
  • うまく言葉にまとまらないのだけど、たぶん複数の意味で蛇足になっただろう、という気がします。ひとつは、たぶん最終局面でのテーマがブレてしまうんじゃないかということ。
  • 死者を背負うのはトレーズなので、そこにデュオの名前が加わってしまうのは……私的にはどうなん……(笑)
  • あと、最終局面のガンダムパイロットに、犠牲を軸にした結束とか、敵討ちとかそういう要素を足すと、何のために戦ってるのか分かりにくくなる気がする。何故と言われると困ってしまうんだけど。
  • 三つ目は、たぶん、そんな尺なかったという身も蓋もない説をあげておいてみよう……(笑)
  • Wにおいては、お話の加速装置にしかならない人死には避けていたんじゃないかという仮説を立ててみる。
  • @*** ドーリアン、ノベンタ(とセプテム)、ヒイロ(しかし未遂)、ザイード(カトルの父)、そしてトレーズあたりは確実に誰かの方向性を変えているので、比較的重要かと思います。
  • ツバロフはあれか、テーマ的に否定しておかないといけなかった人か。あとデルマイユもこっそりドロシーに影響してる?(だんだん自信がなくなってきた)
  • @*** 今必死で思い出そうとしましたが、ノベンタとトレーズくらい……かも……(トラントは死亡扱いでいいのかしら?)
  • @*** ヒイロが自爆した時点で「これは……いつ誰が死んでも不思議じゃない……」と感じたのは確かです。
  • @*** トラントの死は、デュオにゼロを拒絶させる作用くらいですかね……あまり強い理由ではなさそうです。確かに、彼自身はメインキャラの死にあんまり関わってないですね。
  • つまり、あまり成長の余地がなかったということになる。
  • ですよね、罪作りな……(笑) RT: @***: @kamibata 確かに…しかもかなり序盤で自爆しましたもんね。ウイングガンダムのプラモ買ったばっかりで涙目の子供も、当時はいたみたいですし。
  • 数え切れない死を見てきたキャラにさらに死をぶつけて、何ができるだろう。親しい人間の死にグレードアップすればあるいは何か生まれただろうか? それだと過去の屍の山が相対的に軽くなって、なんだか微妙。
  • と、封じて行くと、生存ルートしか残らなかったんじゃないかしら。

フレンドさんから「成長要素のある主役側の少年が途中退場するジュブナイルはあまりない」との指摘あり。

  • @*** 考えすぎたー! 単純にそれが正解かもしれません。
  • 完成品がそうなった理由を考えるのは実に面白く勉強になると思うんだ。
  • @*** @*** @*** @*** @*** ありがとうございました。考えるきっかけを与えてくださり、また、いくつも答えがあるようで面白く考察できました。

2010年8月24日

つぶやきまとめ:ガンダムWのファンの振り落としっぷりについて(2)

Twitterのつぶやきから、とりとめなく。

2010/08/24のTweetより

  • 年を取ったキャラクターを見たくないという心理について考える。が、答えが出ない。
  • アムロとかシャアとかも、Z以降に出てきたときは色々言われたのかしら。
  • @*** なるほど……。逆に「エピソード・ゼロ」は過去の話ですが、あれも出た当時は拒否反応が強かった可能性がありますね。
  • 可能性がありますね、というのは、連載当時ネットに繋がってなかったので、よく分からないからです。周辺では好評でしたが。
  • マクロス7→マックスとミリアが40代になって再登場 マクロスF→マオがおばあちゃん(しかし故人)になって再登場 ……うむ、どちらも許容範囲であった。
  • 監督不在かどうかの違いかしら……そう考えると、隅沢さんはちょっと気の毒に思える。
  • 未来から過去を振り返るということについて考え中。唯一それしかなかったがゆえの絶対が、時間軸が追加されることで相対化されて揺らいでしまうのだろうか。
  • 考えても憶測にしかならないので、別のレイヤーの話をしよう。私がFTとかに(過剰気味に)結構肩入れしているのは、「天才肌のリーダーが去った後、プロジェクトを引き継がされておろおろする後任者」みたいなシチュエーションをどうしても想像してしまうからだ。
  • リーダーは天才すぎて設計書は頭の中にしかない(そのままヘッドハントとかで去ってしまう)、クライアントは「最初こそ至高であった」と文句を言い、代理店は「大人の事情なので」とあれこれ注文を言い、ああ凡人の私はどうすればいいんだよ! みたいな。
  • というか、辞める人から某プロジェクトを引き継いだ私がまさにそれ……。
  • ……凡人と一緒にしてはいけませんね。失礼いたしました。
  • そして今、続きを打診されてまさに困っているところ……。
  • いかん、これはこれで自分語りになって超危険。ともかくそういう経験をした人は結構多いはずだ……!
  • 今逆に、「おもしろくない」「つまんない」とストレートに言えることって大事なのかなと思ったけど、それは他人に任せておこうとも思った……。

2010年7月26日

つぶやきまとめ:敗者たちの栄光の報に接して

Twitterのつぶやきから、とりとめなく。

2010/07/26のTweetより

  • @*** @*** マクロスFもTV版と劇場版で話が全然違ったりするので、個人的には辻褄合わせもアリだろうと思って、大きく構えております。マクロス並みに話を変えてくるほどの予さ……いやいや気合があったら逆にびっくりしますが。
  • たかだか150年くらい前のことでも詳細がわからなくて無限にお話ができてしまう(幕末とかね)のだから、今さら好きなお話にバージョンが2つや3つ増えても驚かない。
  • MCに入って50年くらい経ったら、ガンダムパイロットは実は全員異能力者だった! みたいなオモシロ物語とかできてたら面白いなどと妄想。
  • @*** とはいえ、例えば司馬史観しか認めないとか、BASARAしか好きじゃないという態度も、あって当然だと思うので、尊重したいところです。叩き潰すのでなく。
  • 外伝をコミカライズするとしたら、前半をライトなノリで軽く描いておいて、後半で絶望の淵に突き落とせばいいと思うんだ。

2010年7月3日

つぶやきまとめ:AC195本編~EWへの追加設定について

Twitterのつぶやきから、とりとめなく。

2010/06/25~07/03のTweetより

  • 無言の前奏曲読み終わりました。さしあたっては差し障りのないところだけ。EVOLVE../7がコミットされたので、彼は生存が確定したということでいいのかな。
  • ちなみに、EVOLVE../7の内容は、ライジング・アゲインというタイトルで漫画化されているので、ガンダムエーススペシャルのバックナンバーを探せる方は探してもいいと思います。
  • あとヒイロバルジのあたりで転入した学校はL4だったことと、L4が州制を敷いていることかな。
  • リストをあたる限り、AD2010現在、聖マックスウェルという聖人はいません。たぶん(気を遣ってるのもあるだろうなあ……)。私の妄想では、コロニーの平和のために尽力した人が、死後聖人の列に加えられたのですよ……。
  • MCにおいて、ミリアルドがもし「最後までコロニー側について戦った6人目のパイロット」扱いだったら面白いな(シャストア的に)と思っている今日この頃。
  • あれ、ルクセンブルク幽閉って、ヒイロL4潜伏より前でしたっけ……?
  • @*** コロニーから見放されたのが17話(裏切りの遠き故郷)で、ヒイロが転校するのが18話(トールギス破壊)ですね。18話ではゼクスも消息不明になる。この時点で、閣下はガンダムパイロットが立ち上がってくるのを期待したのかしらと思いました。
  • 閣下、先が読め過ぎていますよ……恐ろしい人……。
  • @*** 閣下は当初、ミリアルドが救世主になることを期待していたんでしょうかね……。
  • @*** 合いますね。あの間に8月末~9月になったのかと。
  • 今は未来の話だけど、いつかはACの昔のお話にも触れて欲しいなあ。私の脳内では初代ヒイロとかデキムとかカーンズがキャッキャウフフなスクールライフを繰り広げていたことになっています。
  • @*** 初代ヒイロは2代目ヒイロとそっくりな顔でお楽しみください。デキムは神経質そうなゲルマン系少年で、カーンズはきっと気弱そうな美少年。(妄想しすぎだ)

追記1:当たりました。と申しますか、初代ヒイロと2代目ヒイロがそっくりであることは、設定画から予想済みでした。

  • やってることは、デキムも博士5人も変わらないんですよね……自分の復讐のために子供を使うという。
  • そんでもって自分たちの戦いとか言っちゃう。(正しいかどうかはさておきます)
  • リーブラ自爆を生き延びたDr.Jはもうすでに義体一歩手前なんじゃないだろうか。ほらまだ退場できない悪役が倒されたらサイボーグ化させてでも復活させろって何かに書いてあったし(何に)
  • LEODさんのところの考察で、9月の慌しさにびびったけど、何より怖いのはウイングゼロの建造に1ヶ月かかってないだろうというところだ。こわいよ!
  • テストとかしてないんじゃないの……!?(恐)
  • @*** ゼロはサンドロックの部品をだいぶ流用しているんじゃないかなって、今一瞬思いました。MGプラモあたりで出てきたXXXGフレーム(全コロニー製ガンダム共通フレーム)と、ジェネレータと基本兵装、あともしかすると駆動系も(パワー比サンドロック>ゼロ)
  • @*** ゼロシステム搭載済みのコクピットは載せただけだし、カトルが頑張ったのはバスターライフルと可変飛行システムあたりだけなのかも……。
  • ……すいません、今ヤンキー高校生がバイク改造に躍起になる図しか思い浮かばないんですが。(笑)<バスターライフルに入魂するカトル
  • @*** ああ、パーツは確実に一式以上残してあったんじゃないかと思います。
  • エピオンの開発の速さは、たぶんトールギスのパーツ(オリジナルでなくてガンダニュウムで置換されたバージョン)を使ってると思います。あとヒートロッドもトールギス3号機のものをガンダニュウム置換したと思えばなんとなく納得が……。
  • つまり製造順としては、トールギスI→II、III(同時期)→エピオン。閣下は幽閉されるまでにトールギス2体完成させていることに……!(いや部下がやってるんでしょうけど)
  • @*** うおっ、そうですね。しかしゼロはガンダム側、エピオンはOZ側の既存技術の集大成+αと思えば、とんでもない開発速度も一応納得できなくもない……かもです。

その後、ウイングゼロの設計データ流通経路について妄想が広がる

  • @*** なるほど、ありがとうございます! ワーカーからこっそり閣下にデータが渡っていたと……!(あれ堂々と渡ってましたっけ?)
  • @*** 今急に降って湧いた(想像してなかった)スパイの存在にワクテカしてしまいました。
  • @*** 自らの保身のために、H教授の居場所とガンダムの設計データの一部を手土産にOZに投降したH教授の部下……みたいな想像が脳内を駆け巡りました。
  • @*** もう少しウィナー財閥寄りの人間にして、H教授に関するネタをOZに渡すことで、財閥本体にダメージが及ばないように取り引き工作した、でもいいと思います! これまた定番。
  • あれ、その取り引きは無理があるんじゃない?(自分ツッコミ)
  • 3番目の定番としてはやはり2重スパイですよねー。

追記2:その後、贖罪の輪舞(下)にて、スパイが本当に存在していたことと、それが誰だったかについて明かされましたので、この推測は外れています。

2010年7月1日

つぶやきまとめ:ガンダムWのファンの振り落としっぷりについて

Twitterのつぶやきから、とりとめなく。

2010/06/26~07/01のTweetより

  • 公式の今更のぶっ飛びぶりに驚いている方が多い印象ですが、Wは当時から視聴者を振り落としまくりながら突き進んでいた(周囲でもだいぶ脱落者がいた)ことを忘れてはいけない気がします……。
  • だって彼ら、誰かが止めないと、宇宙港でシャトルから馬で颯爽と降りてくるとかやりかける人たちですよ……スペオペでもねえよそんな頭沸いた演出……!(笑)
  • 放映当時はジェットコースター展開に振り回され/宇宙世紀ファンからは中身空っぽのうすっぺらい美少年アニメ扱いされ/ガンダム系のメディアからは最底辺の扱いしかされず/最近は「まだやってるんですかそのジャンル」と言われ/強心臓でなきゃ生き残れませんよホントに。
  • ……ただのマゾのような気がしてきました……。
  • そういえば、放映当時のCDに入ってたキャラソンについて、「私の考えるカトル様と合わない……」と泣き崩れてファンを止めた後輩がいました。ある意味賢明ですが……。
  • @*** @*** @*** 書いてからトラウマダンスを踊りたくなりました……。
  • うわあ本当だ、W連載のこと、mixiニュースの2番目に取り上げられてるー! http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1260833&media_id=102
  • しかし日記で喜んでおられる方々のどれくらいが憤慨するかと思うと恐ろしいのであった……ニュースの功罪……。
  • @*** あのmixiニュースの煽りはなんというか、恐ろしい部分を全部オミットしてますからね……。
  • 隅沢さんや冨岡さんは、自分のあずかり知らぬところで派生が生まれるのを嫌がってたと思うので(公式サイトの対談)、宇宙世紀型の展開は成功パターンとは思ってないかもしれない。商業的にはともかく。

2010年6月28日

つぶやきまとめ:ヒイロの冷凍睡眠について

Twitterの過去ログから、とりとめなく。

2010/6/26~28のTweetより

  • カウビのフェイみたいな状況かあ……。
  • ドクターJはヒイロを可愛がり過ぎると思います(マッドな意味で)
  • オーロラというのは、北欧神話ではヴァルキリーの鎧の輝きだというらしいので、まあ曲解すればそれっぽいとも言えなくもないかもしれない。
  • 火星でもオーロラが観測されているらしい……。
  • @*** @*** 北極で保管されていることとかけているのかもしれませんね。
  • ファイル3つの理由=昔「JM」ってあんまりできのよくないサイバーパンク映画(でも大好きだ)で、記憶を復元するトリガーが3つの画像だったことを連想。(まったく関係ない)
  • @*** それです!<記憶屋ジョニィ
  • 3つと言われるとどうしても肉体・精神・霊魂と考えてしまうけど、肉体=MS、ソフト=精神、霊魂=中の人の発想はなかったー!
  • @*** @*** 「誰かが」「ヒイロ・ユイでいなければならない」。これ以上そんな人間は増やしたくない。となると、自ら「じゃあ俺やる」と言ってしまいそうなのがガンダムパイロットたち、とりわけヒイロなんだろうなあ……と思っております。